人生を成すのは45歳以上から。成功者になるのに年齢は関係ない!

こんにちは、Aventuresのさかやまです!

先日シリコンバレーで活躍する、ユニコーン企業の

会長さんとお話をさせて頂きました。

僕が「最近やりたいこともなくて引退しようかなと思ってるんですよね。」

とボヤくと、会長が「君は今いくつだい?」と質問してきました。

僕が「38歳です」と答えると、

「君はまだこれからだよ、大きな事を成し遂げる人は

大抵が45歳以上で達成しているんだ。私も数年前に

中国で数十億円で企業をバイアウトしたところ

なんだけど、数年経つと誰でも次の面白い、

新しいビジネスをやりたくなるものさ。」

「ちゃんと積み上げたものがあれば

人生は45歳からが一番面白いんだよ」

と僕の数年後を見透かしたかのように言われました。

そして僕も常に新しい面白いものを追い続けています。

実際に調べてみると、45歳以上で成功している方々も非常に多いです。

・スティーブ・ジョブズ:45歳でCEOに就任。iPodiPhoneiPad発売

・ヘンリー・フォード:45歳でT型フォードを作成

・安藤百福:48歳でインスタントラーメンを発明

・森泰吉郎:51歳で森ビルを設立して不動産投資を始める

・レイ・クロック:52歳でマクドナルドを購入

・カーネル・サンダース:62歳でK F Cをフランチャイズに

・アリアナ・ハフィントン:55歳で「ハフィントン・ポスト」設立

M I Tの調査でも、起業家の平均年齢は40歳前後で、

50歳で起業した人は、30歳で起業した人に比べ、

成功する確率が約2倍であることがわかっています。

シニア層が成功しやすいことには様々な要因がありますが、

主には以下のようなことだと考えられます。

・起業、買収するための資金が若年層より潤沢

・必要な人脈ができている

・経験を積んで特定分野のエキスパートになっている

・子育て、ローンがひと段落ついてきた

・転職先が見つけにくいから自分でやる

要するに人間は何歳になっても、やる気さえあれば

年齢など関係ないということです。

行動を起こさない、成功しようとしない言い訳を

いくつになっても積み上げる方は、今すぐにでも準備すれば

生きてる間に何かしら成し遂げられるかもしれません。

少なくとも実行したことで今まで

見えなかった世界が見えてくるはずです。

とは言え、いきなり起業と言われても何から始めたら

良いのか分からないと言う方が殆どだと思います。

まずは起業や副業の情報を集めてアンテナを張ることが重要です。

アンテナを張ってインプットしないと急にこれがやりたい!

なんて発想は殆ど出てきません。

アンテナを張っておけば自分の趣味嗜好に合ったビジネス、

興味を惹かれる業態などが自分の中で分かるようになって来ると思います。

ビジネスなのでやはりお金を稼がないと始まりませんので、

自分に合ったビジネスだと感じたものがある程度流行していて、

どうやらお金が集まってる業界のようだと感じたら、G Oです!

おそらく1年で2桁くらいの興味を持ったビジネスが現れては、

調査をして消えていき、1年で1〜3つほど取り組めれば御の字です。

自分がやりたいビジネスを見つけて取り組めると、

人生が明らかに変わってきます。

今まで好きな仕事でも人の会社で他人に決められたこと

をする仕事から、0〜100まで全て自分で決断をして

進めて行く仕事はもはや仕事の感覚が無くなり、

趣味の領域に昇華して行くでしょう。

そのビジネスで収益化して生活できるようになれば

更にブチ上がります!

そうなればアイディア段階で消えていったビジネスが、

今の資産状況や人脈なら実現できるようになっていたり、

それほど利益はないけど面白いからやりたいと言った

ビジネスができるようになってきます。

個人的にはこの仕事を趣味にする無限ループは、どんな

ゲームや遊びよりも楽しい遊び道具だと思っています。

まさに世界中の富裕層の多くの方々が第一線から離脱せず、

ビジネスを趣味として、遊びとして続けているのは

この理由が非常に大きいです。

ビジネスが広がれば広がるほど、面白い情報や人脈が手に入り、

更にはお金まで儲かる天国を手放すわけがありません。

また、富裕層が一般層となかなか絡みがないのは、

時間もお金も使う遊びが一般的には難しいので、

自然と富裕層同士で集まるコミュニティになってしまうからです。

富裕層だけで集まって楽しいのか?

もちろんメチャクチャ楽しいでしょう。

お金と時間があれば単純に選択肢が広がります。

平日に混雑してないU S Jやディズニーランドへ行ったり、

飛行機もファーストクラス、富裕層だけが入れる場所、

毎日昼まで寝よう、生活の安定、

先進ビジネスに参入依頼、怪しいビジネス出資依頼

明日ブラジルにバンジージャンプしに行こう!

などなど、おかしなものも入ってますが、

ストレスフリーでやりたいことが何でも出来ますよね。

ただ、下手に株主がいたり、利益だけを追ってしまうと、

仕事に振り回されてQ O Lが残念になっている

経営者の方が多いのも事実ですので、どんな自分に

なりたいのか見極めて取り組むのが良いでしょう。

 

もちろん人によってやりたい事や考えが違います、

やりたいことだけをやって生きる!

ここが最も大事なポイントなので、自分が何が嫌で何が好き

なのかを知らなければ本当の意味での成功者にはなれません。

 

では、さよなら〜