超富裕層が集うドバイの現状

こんにちは、Aventuresのさかやまです!

 

一般的に超富裕層とは純金融資産で5億円以上を

保有している方々の事を言いますが、そんな方達が今、

ドバイに移住し出しています。

私自身3月末にドバイに滞在してきましたが、

中心地の物価が信じられないくらい高いです。

 

ドバイモールのど真ん中のカフェでコーヒー2杯と、

ケーキを3つ注文しただけで1万5千円ほどもかかりました。。。

ドバイの砂漠にあるホテルに泊まると1泊10万円ほどもかかります。

富裕層がドバイ移住を決めるにはいくつか理由があります。

 

1つは税金です。

実際にドバイに移住している方々に聞き取り調査をしに行ったところ、最も多い理由が税金対策という感じでした。

ドバイに移住した友人や知り合いは殆どが超富裕層であったため、日本で利益をあげても半分以上が税金で持っていかれたり、使いきれなくて子孫に残しても更に贈与税などがかかってくるため、金銭面でドバイに在住しているということが有意に働きます。

ドバイの所得税住民税が0%であることです。 また、その他の税金も ほとんど0%

で稼いだ資産を守ることができます。

2つ目は教育です。

英語が話せなくても英語サポートのある学校も多く、

日本より安くアメリカンスクールの教育を受ることができます。

(日本:250万円〜 / ドバイ:180万円〜)

英国系でもトップ校に入学する生徒も高く、

世界トップレベルの教育が受けられます。

 

ドバイ人口の約8割が移民であるため、世界中の

様々な国の文化が取り入れられており、より

グローバルな教育、人間性の育成が可能です。

 

 

3つ目はビザの取得が容易にできます。

ドバイでは観光ビザで入国して、就労ビザに切り替る

という移住者に優しいシステムになっています。

通常であればビザを申請して、ビザが下りたら入国する

というプロセスが省かれるため、とりあえず行ってみて

気に入ったらビザを取得して移住してしまえばO Kなのです。

法人設立費も比較的安く設立可能なので

ビジネスも起こしやすい土壌があります。

4つ目は治安が非常に良いことです。

ドバイで犯罪を犯すと強制送還されて犯罪者扱いされてしまうので、

わざわざ人生を棒に振ってまで、犯罪を犯す人は少ないようです。

ドバイは銀座以上に高級車が普通に走っていたり、乗り捨てられ

ていたりするのでですが、車上荒らしも殆どありません。

世界経済フォーラムの「旅行・観光競争力レポート2019」の

安全部門でUAEは7位となり、13位の日本よりも上位です。

 

というようなものです。

ドバイに移住したくなりますよね、ドバイに移住している

日本人は超富裕層が多く、日本人コミュニティも狭いので

簡単に超富裕層と仲良くなれるという特権もあります。

お金がなくてもドバイに飛び込んで富裕層とビジネスを

一緒にして人生を激変させた方々もいます。

ドバイは砂漠で殆ど雨も降らないので、雨が嫌いな人にもおすすめです。

あまりにも雨が降らないために、人口的に定期的に雨を降らせている

くらいです。去年の大晦日に人口雨を降らせたのはタイミングも悪くて

大不評でしたが(笑)。ただ夏は灼熱地獄なのでご注意を。

 

移住に興味のある方は富裕層の方々やビジネスマンを

紹介しますので是非ご一報くださいませ!

 

では、さよなら〜